Home > 研究科概要 > ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

本研究科を修了すると「修士(教育学)」が授与されます。本研究科における「修士(教育学)」の到達目標は、「学校現場における問題解決能力の獲得と、そこに至るプロセスを理論的に他者に説明・伝達し、教育実践の高度化に向けて還元していく能力を獲得すること」です。このことは、教育学の専門知と実践知を習得し、それらを総合的に運用することで、学校教育現場における複合的な諸現象を前に、(1)「問題」を知覚し認識し、(2)問題を「課題」として設定し、(3)課題を分析し、(4)課題解決のためのプランを創出し、(5)プランを実行し検証できる能力を獲得することを意味しています。